背中ニキビの原因

背中ニキビは、これから夏に向かって露出の多い服装をするときにも、気になってしまいます。
また水着などを着るときにも背中はきれいにしておきたいものです。
そこでまず背中ニキビの原因を考えてみましょう。

特に寝ているときには汗をコップ一杯かくとも言われていますが、その中でも仰向けに寝ている人にとっては布団と皮膚の間の空気が熱くなり蒸れるため、一番多く汗をかきます。
背中は体の中でも皮脂のとても多い部分で、毛穴も広がりやすくなっています。
それもニキビができやすい原因の一つに、なっているのではないでしょうか。

またシーツや下着、寝間着など、洗濯するときに使う洗濯洗剤や柔軟剤が背中の皮脂分泌を異常にしてしまい、よりニキビが出やすい状態になっていることもあります。
他にもシャンプー剤や整髪料によって、それが背中に流れ肌を傷めていきニキビができやすくしてしまっていることもあるのです。
他に日焼けが原因で皮膚の角質を硬くしてしまい、そこからニキビができやすくなることもあります。

食事など食べ物などからの影響で背中ニキビになりやすいという場合もあります。
チョコレートやケーキのように糖分と油分の高いものは特に注意しましょう。
また毎日の食事も和食系を意識して食べるようにしましょう。
暴飲暴食も背中ニキビには避けるようにしなければなりません。
そして睡眠は肌のターンオーバーの改善にも重要なことなので、たっぷり良質な睡眠を取るようにしましょう。

肌乾燥も背中ニキビに悪影響があります。
そして体や下着を清潔にすることも重要です。
またストレスもニキビには悪影響を与えてしまいます。
できるだけストレスを解消する方法を身に付けるようにしましょう。

Copyright © 2014 どうする?背中ニキビ All Rights Reserved.